秋の安全大会・ボウリング大会を行ないました

2015-09-30

平成27年9月25日(金)野手グループ・野友会合同で、秋の安全大会を実施いたしました。

               【社長挨拶】
開会の言葉1

今回は講師に、小矢部警察署 交通課長 加藤 雅彦 様をお招きし、交通事故の実例を交えて、安全運転についてお話しいただきました。

安全講話10

富山県内では、今年はもうすでに、昨年の交通事故によって亡くなった方の数を超える人数の方が亡くなっていることもあって、たいへん熱のこもったお話をいただきました。

お世話になりました小矢部警察署 交通課長 加藤様、誠にありがとうございました。また、ご多忙の中、ご参加いただきました野友会、協力業者の皆様へも深く感謝申し上げます。

さて、その後、マンボウ高岡店さんに場所を移しまして、ボウリング大会を行ないました。

昨年、高スコアをマークした人が注目を集めましたが、白熱した戦いの中にも、和気あいあいとした雰囲気があったように思います。

ボウリング003-1

ボウリング006-1

結果は‥‥、なんと昨年優勝の石黒さんが連覇しました!!

ボウリング021-1

しかも、準優勝の藤坂さんとは、2ゲームトータルで1ピン差!

なかなか勝負強いところを見せてくれました。

マンボウ高岡店さん、ご協力ありがとうございました。

普段は、別の現場で働く皆さんと親睦を深められた一日でした。

The following two tabs change content below.
土木事業の醍醐味、それは仕事の足跡が後世に残るということ。私達の「事業」は決して主張せず、地域の中へ静かに根ざしていく縁の下の力持ち的性格の強い仕事ですが、人々のお役に立っている満足感は、どんな仕事にも負けないスケール感があります。景観を整え、地域の安全を守り、人々に潤いをもたらす大切な役割を担う土木は、いわば「街を育てる、暮らしに彩りを添える」事業。これまで私達が小矢部市 及び富山県下に残した数限りない実績は野手組の財産であり、社員一人一人の大いなる誇りとなっています。
Copyright(c) 2014 notegumi All Rights Reserved.