旧石動小学校舎 解体施工中

2014-05-08

小矢部市内の石動小学校に新校舎が竣工されましたので
それに伴い旧校舎の解体作業が進んでいます

施工当初はまだ残雪が残る時期でした。

dc050820

すぐ隣の新校舎では可愛い児童達が授業をうけておりますので
小さな事故もないよう、防護、防音、防塵壁をまずは設置してから
解体工事をスタート。その頃にははや、桜が咲き始めていました

dc050802

・まずは旧校舎内の廃材分別
dc050856

その後 解体作業に入っています。
安全に配慮しながら、今現在も解体作業を進めています。

dc050884

dc050801

dc050867

dc050893

dc050896

The following two tabs change content below.
土木事業の醍醐味、それは仕事の足跡が後世に残るということ。私達の「事業」は決して主張せず、地域の中へ静かに根ざしていく縁の下の力持ち的性格の強い仕事ですが、人々のお役に立っている満足感は、どんな仕事にも負けないスケール感があります。景観を整え、地域の安全を守り、人々に潤いをもたらす大切な役割を担う土木は、いわば「街を育てる、暮らしに彩りを添える」事業。これまで私達が小矢部市 及び富山県下に残した数限りない実績は野手組の財産であり、社員一人一人の大いなる誇りとなっています。
Copyright(c) 2014 notegumi All Rights Reserved.