令和元年度 来期改善計画発表会を開催しました

2019-05-30

当社は野手組が5月末決算です

なので、それに併せて毎年5月にはグループ
全体の来期改善計画発表会というものが開催
されます

各部門ごとにPlan(計画)をしてDo(行動)した
一年間の結果を、確認するCheck(確認)そして
Action(再活動)するタイミングにあたるのが、
この発表会となります
、 

まず最初に社長より新たな品質方針が発表され
来期に向けた行動指針等が宣言されます

その後は総務部から始まり、各10部門の発表
となります



各部門、かなり具体的に改善がなされており、
グループ全体としても非常によい方向へ事業
改革のスパイラルアップが進んでいることが
よくわかりました


最後に常務からグループ全体をとりまとめた
業績報告があり、ゴールとなる粗利益が目標
をしっかりと達成できた事が発表されました


これも社員の皆さんの頑張りの賜物と心から
感謝申し上げます

本当にありがとうございます



その後、優秀な成績を収めた3部門の表彰


【優秀賞】営業部

【最優秀賞】土木部、建築環境部

受賞されました3部門の皆さん、おめでとう
ございます


これで野手グループは来期に向けた準備がす
べて整いました


働き方改革を進めながら、社員の皆さんが
さらに働きやすい会社を、そして誇りに思え
る会社づくりをこれからも皆の力ですすめて
まいりましょう

The following two tabs change content below.
土木事業の醍醐味、それは仕事の足跡が後世に残るということ。私達の「事業」は決して主張せず、地域の中へ静かに根ざしていく縁の下の力持ち的性格の強い仕事ですが、人々のお役に立っている満足感は、どんな仕事にも負けないスケール感があります。景観を整え、地域の安全を守り、人々に潤いをもたらす大切な役割を担う土木は、いわば「街を育てる、暮らしに彩りを添える」事業。これまで私達が小矢部市 及び富山県下に残した数限りない実績は野手組の財産であり、社員一人一人の大いなる誇りとなっています。
Copyright(c) 2014 notegumi All Rights Reserved.