新入社員の一日

2019-05-08

今日は土木部の新入社員がどんな仕事をして
いるかご紹介します。

まずは、現場の測量です。

図面と実際の現場が合っているか確認です。

データを持ち帰り、CADに入力します。

実測した数値や他に必要な情報を入力です。

工事の基となる図面の作成はとても重要で、
これが違っていると工事は完成しません。
工事のやり直しもできません。
それだけ、慎重で綿密な作業が必要です。

続いては、
撮影用ドローンの使い方を学びます。

まずは、機械のセッティングから。

プロペラの取付をしっかりと!
丁寧に作業を進めます。

操作方法を確認して、テイクオフ!

かなり高いところまで上昇します。

現場によって、必要な写真は異なります。
ドローンを視認できない高度から撮影する
こともよくあることです。

手元の画面を見ながら操作するのは慣れる
までに時間がかかるかもしれませんね。

こういった仕事を一つひとつ覚えていって、
一人前の現場管理者となれるように、
みんなでガンバっています!

The following two tabs change content below.
土木事業の醍醐味、それは仕事の足跡が後世に残るということ。私達の「事業」は決して主張せず、地域の中へ静かに根ざしていく縁の下の力持ち的性格の強い仕事ですが、人々のお役に立っている満足感は、どんな仕事にも負けないスケール感があります。景観を整え、地域の安全を守り、人々に潤いをもたらす大切な役割を担う土木は、いわば「街を育てる、暮らしに彩りを添える」事業。これまで私達が小矢部市 及び富山県下に残した数限りない実績は野手組の財産であり、社員一人一人の大いなる誇りとなっています。

最新記事 by notegumi (全て見る)

Copyright(c) 2014 notegumi All Rights Reserved.