入社内定式が執り行われました

2018-11-19

11月16日(金) 夕方17時よりH31年4月入社予定
の学生さん5名が集う内定式が開催されました

大学生2名、高校生3名の計5名です

【社長からの挨拶】

その後に内定証書の授与やお祝い品等が贈呈
され、その後に内定者の皆さんから一言ずつ
ご挨拶をいただきました

【式の締めくくりに常務より激励の言葉】

その後は会社隣にあるフィレンツェクラブに
場所を移してイタリアンのコース料理をいた
だきました

食事中には内定者の皆さんから、日頃の学生
生活をお聴きしたり、新社会人ライフに向け
た心の準備等、たくさんのことをお聴きする
ことができました

また内定者の皆さん同士も初めて全員が顔を
あわせられたことで、来春の入社に向けて、
緊張がほぐれられたのではないでしょうか

残り少ない学生生活を内定者の皆さんには
思う存分 学生生活を楽しんでいただいて
そして春にはまた全員が元気な顔で入社式に
集っていただければ幸いです

ご参加いただきました皆様、本当にありがと
うございました

The following two tabs change content below.
土木事業の醍醐味、それは仕事の足跡が後世に残るということ。私達の「事業」は決して主張せず、地域の中へ静かに根ざしていく縁の下の力持ち的性格の強い仕事ですが、人々のお役に立っている満足感は、どんな仕事にも負けないスケール感があります。景観を整え、地域の安全を守り、人々に潤いをもたらす大切な役割を担う土木は、いわば「街を育てる、暮らしに彩りを添える」事業。これまで私達が小矢部市 及び富山県下に残した数限りない実績は野手組の財産であり、社員一人一人の大いなる誇りとなっています。
Copyright(c) 2014 notegumi All Rights Reserved.