社長挨拶

2014-03-30

『新しい時代』に求められる企業の在り方を常に見据えた先取精神で具現化!!

dc03201211 

現在の日本はこれまでにない大不況下にあり、特に建設業界は巨大な再編成の波に飲み込まれています。しかしバブル期のような好況があれば、不況が訪れるのも当然の事と受け止めなければなりません。
この厳しい状況下を私ども野手組は 「新しい時代」と考えております。「新しい時代」だからこそ、「新しい会社」を目指してまいります。

昭和46年の創業以来、弊社は顧客第一、安全最優先の信念のもと、地域に密着した事業を行ない、着実に実績を重ね、皆様方から多くのご愛顧をいただいた結果、お陰様で業績・内容共に県内有数の総合建設業へと成長してまいりました。これも皆様方のご支援・ご愛顧の賜物と 社員一同感謝しております。

これからもこの「新しい時代」を、感謝の気持ちをもって 社員一同で猛進していく所存です。そしてその中でも野手組の基盤事業である富山県への限りない愛着と、地元密着主義を胸にひめ、将来どれだけ多くの方々にご満足いただける事業を営めるか。その為にも常に新しい技術を導入し、優れた人材を発掘・教育しながら常に進化し続ける「新しい会社」として、夢を大きく持って挑戦し続けます。

今後とも皆様方の一層のご支援・ご鞭撻を賜りますよう よろしくお願い申し上げます。

代表取締役  野手 弘

The following two tabs change content below.
土木事業の醍醐味、それは仕事の足跡が後世に残るということ。私達の「事業」は決して主張せず、地域の中へ静かに根ざしていく縁の下の力持ち的性格の強い仕事ですが、人々のお役に立っている満足感は、どんな仕事にも負けないスケール感があります。景観を整え、地域の安全を守り、人々に潤いをもたらす大切な役割を担う土木は、いわば「街を育てる、暮らしに彩りを添える」事業。これまで私達が小矢部市 及び富山県下に残した数限りない実績は野手組の財産であり、社員一人一人の大いなる誇りとなっています。
Copyright(c) 2014 notegumi All Rights Reserved.